しばたスマイル歯科・小児歯科・矯正歯科クリニック

ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯のホワイトニングは、審美治療の中でも最も安全にそして手軽に行える人気の治療法です。
近年では『歯を白くすることはアンチエイジング効果が高い』ともいわれていますね。

歯の構造は、内側から歯髄、象牙質、エナメル質となっています。
表面のエナメル質は半透明色ですが、その内側の象牙質は少し色素をおびた層です。

歯が生えたばかりの象牙質はほとんどの場合が淡いクリーム色をしていますが年月が過ぎるにつれて、この色が濃く変化してきます。
この内側からの黄ばみは、歯磨き粉や歯のクリーニングで白くすることはできないため、専用の機材と薬剤を使用するホワイトニング治療が必要なのです。

このホワイトニング治療には、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングの2つの方法があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院にて特殊な機械を使用する方法です。
歯の表面を綺麗にクリーニングし、表面に専用の液体を塗布しその上から特殊な光を照射します。
個人差はありますが、2時間程で歯の色素が分解され白く変化します。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行える簡単な方法です。
患者さん専用のトレーにジェル状の専用液を入れ、毎日決められた時間装着します。
個人差はありますが、およそ2週間で歯の色が白く変化します。

比較

比較図"即効性" "色の戻り" "手軽さ" それぞれに特徴があります。
ご自宅でできるホームホワイトニングは、通常2週間ほどかけて歯の色が徐々に白く変化するのに対し、オフィスホワイトニングは1回の来院、約2時間の治療で歯の色が白く変化します。
"即効性"の面ではオフ ィスホワイトニングの方が優れています。
"色の戻り"という項目はホワイトニングにより一旦白く変化した色の戻り方を表したものです。
ホワイトニングを行う前の色まで戻るということではありませんが、コーヒーや赤ワインのような色素の強い物をよく飲まれるなど、患者さんの食生活により左右されます。
個人差はありますが白さを保つためには定期的なホワイトニングをお勧めします。

Q&A

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらが良いですか?
直ぐに白くされたい場合は、オフィスホワイトニングがお勧めですが、手軽さの面では毎日ご自宅でご都合のよい時間に簡単にできるホームホワイトニングがお勧めです。
ホームホワイトニングは約2週間のホワイトニング期間終了後も定期的にご自宅で継続できる点でも大変優れています。
色の戻りが気になるのですが・・・

グラフグラフをご覧下さい。
縦方向が白さで横方向が時間です。
オフィスホワイトニングは約2時間の治療で白くなる点では大変優れていますが、その分色の戻りも早いです。
その点ホームホワイトニングは、毎日少しずつ白くなりますので、2週間ほどの期間はかかりますが白さ を持続できるという点で大変優れています。
どちらも同時に行うデュアルホワイトニングは約2時間で白くなり、その後も白さが持続されやすいです。

ホワイトニング治療に伴う痛みはありますか?
ほとんどの方は痛みを感じることはありませんが、まれにしみる程度の痛みを伴う方もおられます。

ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング、どちらのホワイトニング法も年齢を問わず利用される方が大変増えています。