しばたスマイル歯科・小児歯科・矯正歯科クリニック

インプラント

トップ > 矯正歯科 > 矯正歯科治療とは?

歯がふぞろいだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。不正咬合が原因で様々な問題が生じることがあります。


【不正咬合が原因で起きる様々な問題】
 ・食べ物がよく噛めない
 ・ことばが明瞭でなくなる
 ・むし歯になりやすい
 ・歯槽膿漏になりやすい
 ・口臭の原因になる
 ・アゴの関節に負担をかける
 ・歯を折ったり、ケガしやすい


そのほかにも、歯に起因する顔の悩みから、劣等感など精神的問題につながることがあります。


矯正歯科治療とは、このような不正咬合をきちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。

  • 1.顔や歯並びが左右対称か。

  • 2.横顔で唇がひどく出ていたり、引っ込んでいることはないか。

  • 3.上の歯はすべて下の歯を覆っているか。

  • 4.上下の前歯の中心が一致しているか。

  • 5.歯が重なっていたり、間に隙間はないか。

  • 6.上の前歯や下の前歯が前方に出ていないか、その逆はないか。

  • 7.前歯がひどく伸びだしていることはないか。

  • 8.部分的に食物が歯の間に停滞したり、はさまることはないか。

  • 9.ひどく磨り減っている歯はないか。

  • 10.口臭が気にならないか。

大人の矯正歯科治療においては治療期間は平均で2~3年ですが、それ以上かかることもあります。子供の場合、不正咬合の程度だけでなく成長や歯の生えかわりなど様々な要因によっていろいろですので、一度診察を受けてもっともよい時期に治療することが大切です。

当院では、日本矯正歯科学会認定医を持つ歯科医師がカウンセリング・治療いたします。お気軽にご相談ください。